FC2ブログ
福岡市博多区のオアシス動物病院です。 犬と猫の皮膚病には特に力を入れています。 診察で感じた事などを書きますので、是非のぞいていってください。
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-26 (金) | 編集 |
こんにちは

院長の石田です。

最近、気になるニュースがあったのでここにも載せておきます。

「お好み焼き粉、ダニ繁殖注意 開封後の常温長期保存で」
このサイトも参考になると思います。

タイトルのとおりで、開封後のお好み焼き粉でダニが増えることがあります。
この記事によるとヒョウヒダニというダニが増えるとのことです。
このダニは各種アレルギー疾患の原因となることが多いです。
ヒョウヒダニに対してアレルギーを持っている人では、
粉製品に混入したダニの摂取により即時型アレルギーが出たとの報告が1993年以来59例あるそうです。

実は同じようなことが犬でもあります。
ドライフードの大袋を開封後に長期間消費しきれずにいると、
フードの中でダニが増えてしまいます。
この場合はストレージマイトという種類のダニが増えるとの話です。
しかしヒョウヒダニ(ハウスダストマイト)にアレルギーがある場合は
ストレージマイトを摂取した場合でも同様に症状が出ます。
アトピー性皮膚炎の犬の治療の際に気をつけないといけないことですね。

もちろん開封後は酸化により品質が低下します。
量が多いほうが割安ではありますが、調子を崩したら意味がありません。
短期間で消費できるサイズのフードを買うように心がけましょう。

具体的な部分については診察の際にご質問ください。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。